大部分の方で手術後のツートンカラー状態になるのは

大部分の方で手術後のツートンカラー状態になるのは

カントン包茎であれば、男性器が大きくなっていないときに先端の皮を引き下ろして亀頭部分を外に出しても性交するための勃起した際に出そうとしたら、オチンチンに圧迫感があって、痛みを感じるようになります。フォアダイスと一緒で、多くの男性にある真珠様陰茎小丘疹の症状というのは、恐ろしい尖圭コンジローマに感染した当初の状態にかなり似ているので、パートナーからも「恐ろしい性病じゃないの?」という疑いをもたれるケースも多いのです。

 

ここ数年は、早漏を解消したい方は10〜20代といった若者に限った問題じゃなく、あらゆる年代の男性でもそっくりの悩みのある男性は、かなり多いのが現実です。術後にツートンカラーの状態になるかならないのかは、手術を受けた人のペニスの色に左右されるので、医師の腕前は無関係です。しかし、ツートンカラーを目立たない状態にするというテクニックは存在します。

 

大部分の方で手術後のツートンカラー状態になるのは、包皮の内板と外板の境界ラインに組織の色素沈着が起きたからです。それぞれの色素の沈着が、ツートンカラー状態を一段とくっきりとさせてしまっているわけです。よく仮性包茎の人のペニスにしばしば発生するフォアダイスの通常サイズは1〜2mm程度で、ゴマ粒ほどの大きさしかありませんが、性器が勃起した状態のときには、ある程度気になってしまうことがあります。

 

フォアダイスの症状と同じで、性病ではない真珠様陰茎小丘疹の見た目は、性病である尖圭コンジローマに感染した当初の状態とほとんど同じなので、パートナーからも「性病などの感染症にかかっているのでは…」と間違った認識をされるケースも多いのです。亀頭部分の鬱血状態が重症化してしまうと、亀頭部分の細胞が死滅することになるのです。細胞が死滅した場合、決して元通りにはならないのです。

 

ですから、重症のカントン包茎については強引に皮をめくってはいけないのです。「亀頭のサイズが不満」、「ずっと早漏」、「ペニスの先細り」の問題で、少しでもつらい思いをした経験のある男性には、安心安全の亀頭増大・強化術のご紹介をいたします。ぜひカウンセラーに、迷わずご相談いただくのが賢い選択です。それ以外の包茎の症状とは差があって、カントン包茎の場合痛さに加えて出血する方もけっこうあるので、少しでも早い治療が欠かせません。

 

最もいい方法は、専門の医療機関での手術による治療です。当然のことながら、日数が長くなるほどツートンカラーは解消されます。外科手術を受けて皮がむけた亀頭が、時間とともに本来の色に変化するためです。勃起状態になれば、男性器で最も皮膚の厚みが少ないカリのすぐ下のところは、充血の影響で肌の色が次第に変化するので、ツートンカラーはまるでわからないでしょう。

 

仮性包茎というのは、普通の生活において差し障りがなく、ベッドインをしても痛みを感じないので、どんな場合でも外科的な手術を行わなければならないというものではありません。通常は軽い仮性包茎の方なら、上手に包皮をめくって洗ってやると、不潔にはなりません。垢を取り除くことができれば悪臭は発生しないですし、包茎には違いないけれど早漏にはなっていない人はかなりいらっしゃいます。